シャンプーをする前の予備洗いの重要性

シャンプーをする前の予備洗いの重要性

シャンプーをする前にお湯だけでしっかりと予備洗いをすることは実は重要なことになります。予備洗いをしてもしなくても同じなんじゃないかと思っている方も居ますが、予備洗いをしないとシャンプーの時間が長くなってしまって頭皮や毛髪のトラブルが出てくる可能性があります。

 

予備洗いをすることによってシャンプーの時間も短くなって頭皮環境を整える事が出来るようになります。そもそも、予備洗いをしないで髪を洗ってしまうと、1回目に泡立ちが悪くて、2回目は泡立ちがいいということを経験したことがあると思います。これは1回目の際に毛髪の汚れが原因で泡立ちが悪くなっています。

 

これによって結局2回洗ってしまい、それだけ髪にも頭皮にもダメージが蓄積してしまいます。しかし、お湯で予備洗いをすることによって毛髪の汚れというのはほとんど落ちますので、シャンプーも一回で済みます。シャンプー代も浮きますし一石二鳥になるのではないでしょうか。

 

予備洗いの方法ですが、基本的に予備洗いを髪を濡らすだけと勘違いしている方がいますが、洗いですのでお湯で髪の汚れが落ちるように手をつかって洗います。もちろん力は必要ありませんので、優しく洗いましょう。大体3分程度洗えば大丈夫でしょう。

 

また、予備洗いやシャンプーをする際のお湯の温度に関してですが38℃くらいに設定しておくことをオススメします。熱いお湯で脂分を流そうと思っている方もいますが、そうすると頭皮を守ろうとして余計な皮脂もとってしまいますので温度にも気をつけておいてください。